看護師のワークスタイルと収入

働き甲斐のある仕事で高収入を得るには?

お金が稼げる看護師の仕事とは



看護師を目指すにあたって、誰もが看護師としてのやりがいを感じて勉強に励んできたと思います。しかし、やりがいだけでは到底長続きはしないもの。

やはり看護師もお金が必要ないろいろな事情があります。結婚資金を貯めたいとか、語学学校に通いたいという人もいるでしょう。そんなとき、現在勤めている病院よりも給料面や待遇面で優遇されている助産師の求人広告を目にしたり、友達の話を聞いたりすれば、そちらに転職したいという気持ちになるのは当然です。

特にインターネットで求人を探してみるとまず目に飛び込んでくるのが「給与優遇○○万円以上」など夢のような条件が提示されていて、いざ面接に行っても現実とのギャップがあったり、自分の条件とは合わなかったりと、なかなか難しいのが転職です。

「お金が稼げる」ということだけにこだわるのでしたら、看護師の場合夜勤をとにかく多くすることでしょう。 夜勤専門で働いている看護師もいます。 夜勤専門だとかえって生活リズムが狂わない分、体力的には楽だと言います。

昼間はデイサービスの仕事、夜は夜間病棟の仕事とWワークをしている看護師もいます。 また、一般病棟よりも特別老人ホームの方が給料が良い場合も最近多くなってきました。 入居費用が高い高級老人ホームなどは、高いサービスも求められますが、その分収入もよくなります。

高収入を得られそうな職場は、やはり人気があるため、求人募集が出てもすぐに一杯になって募集が打ち切られてしまいますし、常にアンテナを張っておく必要があります。 しかし、仕事をしながらの職探しは時間的な余裕もないため、どうしても情報収集には限界があります。

そんな時に利用したいのが、医師や医療関係の技師、看護師など医療職の就職を専門に扱っているエージェントです。 こういった専門のエージェントは医療の分野に特化していて、情報量も多く病院とのパイプラインもあります。 さらにスタッフも元看護師だったり、看護師や医療界の事情に精通している人が多いので相談もしやすくなっています。
アルメイダ病院


クリニックで働くメリットとデメリット

看護師が就職する病院には大きく分けて大学病院と総合病院、そしてクリニックがあります。 クリニックとは個人病院のことで地元に密着した病院です。

クリニックは大学病院や総合病院と違って、株主や監査役のいない個人営業ですから、ある程度経営者である院長先生の意向や主義などが病院経営に反映されるところが多いというのが特徴です。 この院長先生の主義や人柄などに納得できるようであれば、居心地がいいかもしれません。

また、大病院で看護師として働くときに比べて中抜きといわれる時間が多く、だいたい午後1時から3時くらいまで2時間以上休み時間があるため、近くに家がある場合など、その間に買い物や家の用事などを済ませてしまうという人もいます。

クリニックは、基本的に入院施設がありませんから、夜勤もありません。 また、繁忙期を別にすれば、ほとんど定時に帰ることができるので、家庭との両立にもクリニックは有利といえるでしょう・

反面、クリニックで看護師として働くためには、そのクリニックのカラーに染まる必要があります。 すんなり馴染めればラッキーですが、溶け込むのに苦労することがあるかもしれません。

クリニックでは少人数で患者さんに対応をしなければならないため、新人看護師にとっては厳しいかもしれません。 経営者は少人数で最大の収益を上げなければなりませんから、仕事の幅も広くなり、何でも出来なくてはなりません。 そのため、レベルの高い仕事内容をこなす必要がありますし、新人を育てるためのゆとりがないというのが実情です。

クリニックの求人情報は、比較的豊富にあると考えていいでしょう。 特に都市部では、個人営業のクリニックの数は増えています。 中でも美容クリニックという部門は保険外の治療を行っていることもあって、人気があるクリニックでは給料が非常に良いところもあり、待遇面でも恵まれています。 美容に関心のある看護師にとっては、注目したいクリニックです。

看護師専門の転職サイトを使うメリットとデメリット

看護師が転職を考える場合に、今や定番となってしまった感がある看護師専門の転職サイトです。 ここでは、人気の看護師専門の転職サイトを使うメリットとデメリットについてご紹介いたしましょう。

まずは、メリット面です。 1番目は面接のスケジュールなどの事務的な作業を代行してくれることです。 退職しているなら時間があるでしょうが、現在仕事をしている場合は面接日時のやり取りが意外と面倒です。 看護師専門の転職サイトを利用した場合は昼間に確認をとって夜に結果を連絡することも対応できます。

2番目は面接の時に同席してくれる場合もあり質問しにくい点を代わりに聞いてくれることです。 面接の時にはさまざまな確認事項があり、それを判断材料にします。 交通費の上限金額とか有給休暇の消化率はどの程度なのかとかカンファレンスは勤務時間内かどうかなどを面接官にさらりと聞いてくれます。

3番目は違った視点からの求人提案をしてくれるケースがあることです。 希望条件をもとにしていろいろな求人を提案してくれますが、その範囲で別の側面から判断した求人を探してくれることもあります。

次に、デメリット面です。 1番目は担当者によって連絡が遅かったりする場合があることです。 担当者の個人のレベルによるでしょうがムラがあります。 信頼関係ができないと看護師専門の転職サイトの利用はできません。 そんな場合は別の看護師専門の転職サイトを検討しましょう。

2番目は医療機関側の採用基準が厳しくなることです。 看護師を採用した場合に紹介料を支払わなければならないビジネスモデルになっているからです。 看護師専門の転職サイトは人材を紹介して入職したら成功報酬として紹介料をもらえるから厳しい目で人物評価をする傾向にあります。

3番目は担当から面接や入職を執拗に迫られることがあることです。 気が乗らずに面接を辞退しようとしても「面接だけでも……」としつこい場合があります。 いくら推薦されても、その気がないならば拒否しておいて、そんな看護師専門の転職サイトは辞めて他のサイトをさがしましょう。

以上のようなメリットとデメリットがありますが、もっとも大事な事は看護師専門の転職サイトの担当者との信頼関係です。 これがなければ利用する価値がないのでシビアに判断されることが転職成功の秘訣です。

↑ PAGE TOP