看護師のワークスタイルと収入

助産師を目指して頑張りましょう!

助産師の免許を取るために通う学校

助産師の免許を取得するために、どんな学校で学べばいいのでしょう。 大学の助産師コース、専門学校、大学院という、3通りから選ぶことができます。

4年生の看護大学から助産師を目指すには、まず合格して入学し、看護の知識を身につけつつ、助産師の勉強を4年次に行います。 大学に通っている4年間で、助産師と看護師、ひとによっては保健師の資格も取ります。 実習をそれだけこなさなければなりませんから、大忙しの学生生活になります。

国家試験は、毎年2月に実施されます。 1週間のあいだに助産師・看護師・保健師の3種類とも試験が行われるので、効率よく受験勉強をこなしていかないと、全てをこなすことは難しくなります。

助産師になるための専門学校は、ほとんどが1年制です。 近年の傾向として、2年制コースの学校を見かけるようになりました。 入学資格があるのは、看護大学もしくは看護専門学校卒業者で、看護師の資格を保有している方です。

専門学校に入学すると、みっちりと助産師に必要な知識を身につけられます。 全寮制の専門学校もあります。 出産は24時間体制でサポートしなければならないので、全寮制では夜中に行うお産介助の実習が行えます。

専門学校に入るには、一般入学、勤務中の職場からの施設推薦入学、看護学校からの推薦入学などの方法があります。 学校の数が日本全国でもわずかなので、一般入試で入ろうとすると、かなりの競争率になるので大変でしょう。

大学院から助産師を目指す方法はどうでしょう。 助産師コースを大学院化するという動きが、近年増えています。 助産師の資格を1年間で取ろうとするとカリキュラムがとてもハードなので、昼間はもちろんのこと夜間でも、実習や勉強を行わなくてはこなしきれなくなってきます。

ゆとりを持って、学生には学習に打ち込ませてあげたいということなのかもしれません。その反面、入学資格には学士を持っていることというのがあるため、看護専門学校から目指す方は学校に入れなかったり、学費と時間がかさむなどのデメリットがあります。

↑ PAGE TOP